プログラム

プログラム概要

基調講演

田中啓二(東京都医学総合研究所)
宇津木照洋(大鵬薬品工業株式会社)

シンポジウム

「ケミカルバイオロジーの新展開と創薬」

園下将大(北海道大学遺伝子病制御研究所)
喜井 勲(信州大学農学部)
菅 裕明(東京大学大学院理学系研究科)
片桐豊雅(徳島大学先端酵素学研究所)
近藤英作(新潟大学大学院医歯学総合研究科)

「次世代がん免疫療法を耐性・バイオマーカー研究から考える」

松下博和(愛知県がんセンター研究所)
冨樫庸介(千葉県がんセンター研究所)
小山正平(大阪大学大学院医学系研究科)
片山量平(がん研究会がん化学療法センター)
上羽悟史(東京理科大学研究推進機構生命医科学研究所)

「ビッグデータ時代のAI創薬の未来」

岡田随象(大阪大学大学院医学系研究科)
奥野恭史(京都大学大学院医学研究科)
浜本隆二(国立がん研究センター研究所)
川上英良(理化学研究所)

「がん分子標的創薬の産官学連携:成功への道を探る」

加藤幸成(東北大学大学院医学系研究科)
金子 新(京都大学iPS細胞研究所)
杉原 潔(第一三共株式会社)
小泉智信(アステラス製薬株式会社)

教育講演

「テロメアと創薬」
 清宮啓之(がん研究会がん化学療法センター)

「腫瘍抗原とがん免疫療法」
 岡崎 拓(東京大学定量生命科学研究所)

「一細胞解析」
 石川俊平(東京大学大学院医学系研究科)

「iPS細胞と創薬」
 山田泰広(東京大学医科学研究所システム疾患モデル研究センター)

「泌尿器がん」
 大家基嗣(慶応義塾大学医学部)

「多発性骨髄腫」
 安倍正博(徳島大学大学院医歯薬学研究部)

「胃がん・大腸がん」
 石岡千加史(東北大学加齢医学研究所)

「臨床研究法と臨床試験」
 中村健一(国立がん研究センター中央病院)

「クリニカルシーケンス」
 吉野孝之(国立がん研究センター東病院)

Year in Review

「がんエピゲノム解析と創薬」
 北林一生(国立がん研究センター研究所)

「がん幹細胞と分子標的創薬」
 後藤典子(金沢大学がん進展制御研究所)

「がん分子標的治療薬耐性」
 山田忠明(京都府立医科大学大学院医学研究科)

「がんイメージングと創薬」
 今村健志(愛媛大学大学院医学系研究科)